ガラパゴス諸島基本情報

恐竜時代の生き残りではないか?と思わせる巨大ゾウガメ、海に潜り海藻を食べるウミイグアナ、羽が退化し飛べなくなったコバネウなど珍しい固有動物で有名なガラパゴス諸島は、南米エクアドル共和国に属し、大陸より西に1000kmの赤道線上に位置しています。
かの有名なチャールズ・ダーウィンがビーグル号での航海で立ち寄り、進化論の着想を得ることになったのは有名な話です。

歴史

ガラパゴス諸島は500万年以上も前に海底火山で形成され、今でも火山活動は続いています。1533年、パナマから、インカ帝国が征服されたペルーへ布教に行く途中、スペイン人 トマス・デ・ベルランガ司教の乗った船が、破損し海流に流され偶然、ガラパゴス諸島を発見しました。当時のローマのバチカン市国に不思議で怪奇な動物がいることが報告されています。
その後は、イギリス海賊の隠れ家、ノルウェー人の捕鯨基地などに使用されました。1832年、ガラパゴス諸島はエクアドル共和国の領土になり国策として大陸からガラパゴス諸島への移民が推奨され、更に特定の島に大陸で罪を犯した犯罪人を島流しにする刑務所も作られました。一方でゾウガメの捕食やヤギなどの家畜の野生化、外来種の流入の問題が徐々に進んでいました。
やがて航空路や横断道路が開発建設されると、欧米を中心に観光客が大勢集まるようになりました。
そして1978年にはユネスコから世界自然遺産第一号として登録され、エクアドル政府は環境保護に本格的に乗り出し、現在はガラパゴス諸島の97%が国立公園の保護区に指定され厳しく管理されています。
大陸と陸続きになったことが無いガラパゴス諸島は、島によって見られる動物が違い、とても興味深い場所です。例えば、ガラパゴスペンギンはイサベラ島とバルトロメ島、海鳥アホウドリはエスパニョーラ島、飛べないコバネウはフェルナンディーナ島でしか見ることができません。また同じ種類の動植物でも島ごとに独自の進化が見られるなど、今でもガラパゴス諸島は、進化し続けています。

気候

海流の影響もあり、赤道直下ながら比較的過ごしやすく年間を通じて観光が可能です。
12~5月は雨季で現地で言う‘夏’の時期です。晴天が続き暑く、スコールのような雨が短時間に集中して降ります。海水温が高いのでシュノーケリングをするには良い時期です。
6~11月は乾季で降水量は少なく、時々霧雨がパラパラと降る程度、‘冬’にあたる時期です。日中と夜間の温度差が大きくなり朝晩は涼しくなります。
最高気温 雨季:30度前後、乾季:24度前後
年間気温は25度前後、最低気温は20度前後です。

時差

日本との時差 ー15時間、エクアドル本土との時差 ー1時間

言語

スペイン語がメインですが、ガラパゴス諸島は観光地なので英語も通じます。 

コロナ対策のための入島条件

  1. ガラパゴス諸島へ到着する前96時間以内に受けたPCR検査陰性結果証明書の携行が義務とされています。17歳以下のお子さまはPCR検査が免除されています。
  2. 現地旅行社が発行するのホテル予約券(サルボコンドゥクト)を必ず携行する。
  3. ガラパゴス国立公園は島滞在中はマスクの着用をお願いしています。

※日本からエクアドルに入国する際、エクアドル到着前3日以内に実施されたPCR検査か抗原検査の陰性結果、またはワクチン接種証明書の提示が必要です。

日本からガラパゴス諸島への行き方

日本を出発

乗り継ぎ

アメリカ(ヒューストン、ダラス、アトランタ、マイアミなど)または、メキシコもしくはヨーロッパ(オランダ、スペインなど)を経由します。

アメリカ経由の場合に必要なESTA(エスタ)の登録はお客様ご自身でお願い致します。
※ESTA(エスタ)とは、Visa Waiver Program(VWP)の一環で、短期の米国渡航に必要な入国審査制度です。日本国籍の方の場合、一般的な観光旅行や短期のビジネス目的、または経由地としてアメリカへ渡航される際はビザの取得は必要ありませんが、ESTA(エスタ)申請は必須となります。アメリカ滞在90日以上を越える場合はビザ申請が必須となります。

エクアドル到着

エクアドルの空の玄関口は、首都キト(マリスカル・スクレ国際空港)と国内最大都市のグアヤキル(ホセ・ホアキン・デ・オルメード国際空港)となります。

国内線乗り継ぎ

キトまたはグアヤキル国際空港で国内線に乗り換えてガラパゴス諸島へ向かいます。

ガラパゴス諸島に到着(バルトラ島またはサンクリストバル島)

ガラパゴス諸島にはバルトラ島とサンクリストバル島に空港がおり、この2つの空港⇔エクアドル本土(キト・グアヤキル)間のフライトが運航しています。

エクアドル本土の空港について

エクアドルの空の玄関口は、首都キト(マリスカル・スクレ国際空港)と国内最大都市のグアヤキル(ホセ・ホアキン・デ・オルメード国際空港)となります。
両空港からガラパゴス諸島行きのフライトが発着しています。
キト発便はグアヤキルを経由してガラパゴス諸島へ向かいます。
ガラパゴス諸島行きのフライトは、午前中に行われるため、国際線フライトの到着時間にもよりますが、前日はキトもしくはグアヤキルにご宿泊頂く必要がございます。

滞在日数にゆとりがある方は、予備日込みでガラパゴス出発2日前にエクアドルに到着されることをお勧めしています。
事前のホテル予約や空港送迎サービスは弊社で手配可能です。ご希望の方はお知らせください。

マリスカル・スクレ国際空港(UIO)

ユネスコ世界文化遺産第一号の旧市街がある町です。
また、赤道博物館にて赤道をまたぐことが可能です。
標高が2400mという高地にあるため、高山病に注意が必要です。

Googleマップ:マリスカル・スクレ国際空港(UIO)

ホセ・ホアキン・デ・オルメード国際空港(GYE)

海抜5mのグアヤキルは高山病の心配がなく、ガラパゴス諸島出発前の経由地として最適です。
イグアナ公園や大きな川、グアヤス沿いの遊歩道マレコン2000が有名です。
名物料理にマングローブガニがあります。

Googleマップ:ホセ・ホアキン・デ・オルメード国際空港(GYE)

よくある質問

行き方に関して頻繁にお問合せいただく内容をまとめました。

ガラパゴス諸島のバルトラ空港とサンクリストバル空港どちらに到着すれば良いですか?

ガラパゴスのツアーにはどのようなものがありますか?

ガラパゴス入島手続き
(2021年版)

トランジットコントロールカード(Transit Control Card 略:TCT)窓口や、ガラパゴスへ行かれる方専用の荷物検査場が混む場合があります。
フライト時間の2時間前には、空港に到着しお手続きされることをお勧めします。
※トランジットコントロールカードとは、ガラパゴス特別行政区審議会(通称:CGREG)へガラパゴス諸島に何日間滞在するかを登録した後、滞在資格として発行されるカードのことです。これを発行しないとガラパゴス諸島へ行けませんのでご注意ください。

TCTの購入

搭乗手続きの前に必ずTCTを購入(US20ドル)してください。
購入にはパスポートが必要です。
飛行機の便名と滞在日数を聞かれますので、サルボコンドゥクトとPCR検査陰性結果、Eチケットも併せてお持ちください。

マリスカル・スクレ国際空港のTCTの窓口の場所

空港2階一番右側の出入り口横にあります。

ホセ・ホアキン・デ・オルメード国際空港のTCTの窓口の場所

空港2階中央付近にあります。

※サルボコンドゥクトとは現地旅行社が発行するホテル予約券です。
※TCTはガラパゴスから帰る日にも使用します。管理には十分ご注意ください。

荷物の検査→搭乗手続き

荷物の検査をしたら搭乗手続きへ進みます。
ツーリストカード(TCT)を発券後、お客様の荷物検査を行います。
荷物検査場は空港2Fの一番右奥にございます。
Galapagos Passengersと書かれている所がガラパゴス旅行者専用荷物検査場です。
荷物検査が終わると果物や動物持ち込み防止の為、写真(上)のように開けられないよう、留め具またはシールがつけられます。ご宿泊先のホテルにてこの留め具は外されます。荷物検査が終わりましたら、搭乗カウンターにてチェックイン・預かり荷物の手続きをします。留め具またはシールが貼られていないとチェックイン時にもう1度検査場へ行くよう言われますのでしっかり留め具またはシールがあるか確認しましょう。

【その後の流れ】
搭乗カウンターにてチェックイン・預かり荷物等の手続き→保安検査場→搭乗ゲート

フライト中に、ガラパゴス入島に伴う宣誓書の記入

離陸してから一時すると客室乗務員がガラパゴス入島に伴う宣誓書を乗客にお配りします。
記入する内容は、パスポートの情報です。
サイン(FIRMA)は、パスポートと同じサインでお願いします。
ガラパゴス到着後、荷物検査をする前に、空港職員にお渡しください。

入島料の支払いと検温。

ガラパゴスの空港到着後、入島料を支払うために列に並びます。検温もあります。
空港内に入りましたら入島料を支払うための列にお並びください。
このときツーリストカード(TCT)・パスポート・ガラパゴス入島料・PCR検査陰性結果・サルボコンドゥクトをご用意くださいませ。順番が来ましたら、書類ををお渡し下さい。入島料を支払います。その後、パスポートとツーリストカード(TCT)が返されます。
※ツーリストカードは帰りの飛行機に乗るときも必要ですので捨てずに保管をお願い致します。

ガラパゴス諸島入島料
12歳以上 US$100
11歳以下 US$50
エクアドルで外国人登録許可証をお持ちの学生 US$25
12歳以上のエクアドルの永住権・居住権をお持ちの方 US$6
12歳以下のエクアドルの永住権・居住権をお持ちの方 US$3

ガラパゴス入島に伴う宣誓書を渡し、手荷物検査へ。

入島料をお支払い後、手荷物検査がございます。手荷物検査レーンに荷物を置く前に横に立っている職員に税関申告書を渡します。手荷物検査後、万が一、職員に呼ばれてしまった場合、荷物の中身を職員に見せる必要がございます。検査は果物等の持ち込みがないかをチェックするためです。

出口へ向かいガイドと合流。

手荷物検査を通過後、預けた荷物を取り、出口へ向かいます。
お客様のお名前ボードを持ったガイドが待機しております。観光後、ホテルへチェックインした際、ホテルスタッフが荷物に付けられた留め具を外してくれます。

バルトラ島からサンタクルス島へ移動する場合

バルトラ空港到着後、バルトラ島からサンタクルス島へ移動する場合、イタバカ運河(バルトラ島とサンタクルス島の間を通る運河)まではシャトルバスで移動します。
バス乗車券が往復US$10(行き/帰り 片道US$5ずつ)となっております。またイタバカ運河を渡る船は片道US$1です。

ガラパゴス国立公園のルール

思い出に残る素晴らしい旅、ガラパゴスの自然環境の継続的な保護・保全には、クルーやガイドの努力だけではなく、お客様のご協力も大変重要です。

ガラパゴス国立公園では、以下のルールを順守し滞在をお楽しみください。

  1. 動物との距離は2m以上を保つ。
  2. 動物には触らない、驚かさない。
  3. ガラパゴスの自然(骨、羽、貝殻、石や枯れ枝も含めて)を採取・持ち出さない。
  4. ガイドの指示は必ず聞くこと。
  5. 国立公園内のビジターサイトでの飲食・喫煙はしない。ゴミを捨てない。
  6. ビジターサイトでは決められたルートを歩く。
  7. 動物を撮影時にフラッシュをたかない。
  8. プロによる撮影やドローン撮影は許可を取る必要があります。
  9. キャンプは予め許可されている指定の場所で行う。
  10. 外から国立公園に植物や動物を持ち込まない。

ガラパゴス旅行への持ち物

ガラパゴスでの服装:動きやすい服、ウィンドブレーカー、帽子、サングラスをご準備ください。靴に関しまして、島観光時は火山岩のゴツゴツとした道を歩きますので運動靴をご持参下さい。
またビーチに降り立つ時、ゴムボートを乗り降りする際に濡れてしまうこともありますので、ウォーターシューズがあると良いでしょう。ウォーターシューズは水陸両用靴なので履いて来られるお客様を結構多く見られます。

島観光では1時間半~2時間程、岩場などを歩きますので必要な方はトレッキング用の杖を持参されることをお勧めします。

日焼け止めは必須です

日焼け止めは必ずご持参いただき、ガラパゴス諸島滞在中は、こまめに塗ることをお勧めします。
赤道直下ということもあり、本当に日差しが強く、過去には火傷のようになってしまったお客様もいらっしゃいました。

服装について

基本的には夏の服装で大丈夫ですが、朝晩がちょっとひんやりすることがございますので、一枚、羽織るものがあると良いでしょう。

持ち物リスト

  • 貴重品(パスポート、航空チケット、お金、海外旅行保険証)
  • ガラパゴス入島に必要な書類
    (PCR検査陰性結果、サルボコンドゥクト(旅行社が発行した予約券)、
    トランジットコントロールカード)
  • 常備薬と酔い止め、アルコールジェル、除菌シート等
    日本のようなコンビニが無いので、薬、生理用品、塗り薬等
    使い慣れているものを持参されることをお勧めいたします。
  • 衣類(長袖/半袖のTシャツ、長/半ズボン、ウィンドブレーカー)、水着
  • 歩きやすい靴、トレッキング用の杖(必要な方のみ)
  • 帽子、サングラス、日焼け止め
  • カメラ、水中カメラ
  • マスク(ガラパゴス滞在中はマスクの着用が義務です。)
  • 船酔いがご心配の場合は、酔い止めを持参されることをお勧めします。

ガラパゴスへは生ものや動植物、果物などは持ち込めません

持ち込んだ場合は多額の罰金が課せられますのでお気を付けください。

お金について

エクアドルの通貨は米ドルです。
日本ご出発前に日本円から米ドルへ両替されることをお勧めします。
エクアドルの空港では日本円から米ドルに両替できませんのでご注意ください。

ガラパゴス諸島でのクレジットカードのご利用について

ガラパゴス諸島でお土産を購入される際はクレジットカード(VISA, Mastercard, AMEX, Diners club等)でのお支払いも可能です。
しかし、店舗によってはクレジットカード決済端末が故障していることもあるため、現金も合わせてお持ちください。
また米ドル硬貨は、日本帰国後に両替できませんので、なるべく滞在中に使い切ってしまうことをお勧めいたします。

プエルトアロヤ周辺情報

ガラパゴス滞在中、思い出の品としてお土産を購入される方がいらっしゃると思いますので、ガラパゴス諸島でも人が多く住んでいて観光客が多く訪れる島、サンタクルス島の港町プエルトアヨラのお土産屋さんとお勧めのカフェやレストランにについてご紹介いたします。

その前に、ガラパゴス諸島でもクレジットカード決済は可能だろうか・・?と疑問に思われる方も少なくないと思いますのでガラパゴスのクレジットカード事情を少しご紹介いたします。

最近はカード決済できるお店が増えてきています。VISA、Mastercard、AMEX、Dinners Clubがエクアドルでは主流です。しかし稀にクレジット決済端末機が故障していることもありますので、念のため現金も持ち合わせておいたほうが良いでしょう。

お金についてですが、通貨は米ドルで、エクアドル国内は主に5ドル札、10ドル札、20ドル札が出回っています。エクアドル本土ですと100ドル札、50ドル札を使えるところが大型スーパーマーケットなどと限られていますが、ガラパゴス諸島では100ドル札、50ドル札は受取ってくれますが20ドル札、10ドル札を多めに持ってこられた方が良いでしょう。

コインは、1セント、5セント、10セント、25セント、50セント、1ドルがございます。
硬貨はアメリカとエクアドルで製造されたものがあり、エクアドルの米ドル硬貨は、
エクアドルを出ますと使用できません。

アメリカ硬貨とエクアドル硬貨の見分け方は、硬貨に大きく数字が刻まれているのがエクアドル硬貨で、そうでないのがアメリカ硬貨ですのでご注意ください。

また、硬貨は日本で両替できませんので滞在中に使い切ってしまうことをお勧めいたします。

プエルトアヨラのお土産屋さん

サンタクルス島の港町プエルトアヨラのお土産屋さんをまとめてみました!

プエルトアヨラのレストラン・カフェ

サンタクルス島の港町プエルトアヨラのレストラン、カフェをまとめてみました!

TOP
TOP