現在のエクアドルの状況について(2024年1月10日)

報道された内容について

昨日1月9日にグアヤキルのテレビ局が麻薬ギャング団に一時占拠され、局員が人質になった事件が全世界に報道されました。

占拠された2時間後には警察の特殊部隊が侵入し、全ての人質は無事解放され犯人13人はテロリストとして逮捕されました。

この事件を受け、ノボア大統領はエクアドルに存在している大小22のギャング及び犯罪組織をテロリストとして国の敵、即ち軍の敵と認定し、軍隊、戦車、ヘリ、戦闘機や駆逐艦など全ての戦力をあげて撲滅のために始動しています。

 

事件の背景

エクアドルは麻薬生産国ではありませんが、近年、隣国のコロンビアやペルーで生産された麻薬の積み出し地として重要な存在になっており、グアヤキルやマンタなどのコスタ(海岸)地方では麻薬ギャング団の抗争や犯罪行為などが問題視されていました。

昨年11月に就任した35歳のノボア大統領は治安改善のためギャング撲滅政策を強く押し出しており、そのような新政府の動きの中、厳重な刑務所に移送されることを恐れたギャングの幹部、通称FITOが収容されていた刑務所から逃亡しました。

警察と軍は血眼になってFITOを追いかけていますが、裁判所の許可がない限りは隠れていそうな場所に押し入ることができません。

しかし、非常事態宣言を出せばそのような悠長な手続きは必要なく、警察と軍は疑わしい場所に強制的に入ることができるのです。今回の非常事態宣言は逃亡犯捕獲のために発令されました。

そして、犯罪組織に毅然とした態度で臨む政府に対し、起こされたテロ行為が今回のテレビ局占拠だったのです。

ギャング撲滅を掲げ、犯罪組織に屈しない若い大統領の決断はアメリカやコロンビア、ペルーなどの国からも称賛を得ており、普段は対立している国会も大統領を支持しています。

ギャングからの報復を恐れず、国が一つとなって犯罪組織にNOを突きつけている現状です。

 

観光省の発表について

今回の報道によって、エクアドルの観光はどうなるのか心配な方もいらっしゃるかと思います。

エクアドルの観光省からは、市民及び観光客を守るため厳重に空港の出入りを取り締まるとしていますが、国際線は通常通り動いており、ガラパゴス諸島及びアマゾン地方、国立公園などの主な観光地について制限は設けないと発表しています。

ガラパゴス諸島は普段から厳しい入島規制があり、世界的に見ても安全な観光地です。
動物の楽園とも言われているガラパゴス諸島はそもそも人間の数が少ないため、治安が良く安心して過ごすことができます。

〈参考 観光省の発表文〉

スペイン語:https://galacaminos.jp/wp/wp-content/uploads/2024/01/COMUNICADO-MINTUR-ENERO-09-2024.pdf

英語:https://galacaminos.jp/wp/wp-content/uploads/2024/01/MINTUR-JAN-09-2024.pdf

キト在住者の所見

事件が起きた昨日は首都のキトでも少し緊張感が漂いましたが、現在の街の様子はコロナ禍と比較しても落ち着いている印象です。

人通りは若干少ないですが、車の往来は多く、スーパーや交通機関、レストランや商店なども通常通り開いています。

キト北部の観光地である赤道記念碑や赤道博物館も通常通り営業しています。

観光がエクアドル経済に大きな利益をもたらしていることもあり、観光名所や空港は現在も警察や軍がしっかりガードしている状況です。

一方で旧市街には大統領府があり引き続き厳戒体制が敷かれているため、独立広場などに入ることはできません。

非常事態宣言により23時から5時の深夜帯は外出禁止令も出ていますが、現時点では生活に大きな影響は出ていません。

海岸地方のグアヤキルでもレストランや商店は通常営業に戻りつつあるそうですが、
状況が落ち着くまでグアヤキルでの滞在は避けていただく方が安心かと思います。

 

安全に旅行をしていただくために

日本の外務省の危険情報では現在キトはレベル1「十分注意」となっております。

置引きやスリ等になどの軽犯罪に注意していただき、夜中に出歩かない、流しのタクシーに乗らない、

危険と言われる場所に行かない、派手な格好をしないなど身を守るための基本的なことを心掛けていただければ、安全に旅を楽しんでいただけるのではないかと思います。

一方で、情勢は刻一刻と変化する可能性があります。

常に最新の情報を入手していただき、騒動が発生している場所には近づかないようにすることが非常に重要です。

また、悪質なデマが流れる場合もありますので、正しい情報かどうか判断していただくことも大切です。

最新の安全情報等は外務省の旅レジや在エクアドル大使館HPで確認することが可能です。

在エクアドル日本国大使館HP

旅レジ

 

最後に

今回のようなテロ行為は誰も予測ができず、またどこの国でも起こりうることだと思います。

このようなショッキングな事件が世界各国で大きく報道されてしまったことは非常に残念ですが、エクアドルは豊かな自然や素晴らしい文化が沢山ある魅力的な国です。

今後もエクアドルのさまざまな情報について発信していくことで、多くの方にその魅力お伝えできればと考えております。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ガラパゴス諸島のユニークな生き物たち

  2. ガラパゴス諸島の宿主、ガラパゴスアシカ

  3. 島の名前の由来となったガラパゴスゾウガメ

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP