二日酔いにはこのスープ!

旨味たっぷりの魚介スープEncebollado

エクアドルの郷土料理、 Encebollado(エンセボジャード)をご紹介します!

 

エンセボジャードは主にグアヤキルなどの沿岸地域で親しまれているソウルフードですが、エクアドル全土でも人気がある国民的料理です。

首都のキトでも多くのレストランや食堂で食べることができます。

 

ピーマン、トマト、紫玉ねぎ、セロリ、ニンニク、パクチーなどがスープのベースとなっており、そこにビンチョウマグロやマグロ、カジキ、カツオなどの魚やユカ芋(キャッサバ)が入っています。

 

ライムや「アヒ」と呼ばれる唐辛子のピリ辛ソースをお好みで加えていただきます。

付け合わせはお米やポップコーン、バナナチップス!日本人からするとスープにポップコーン?と不思議な感じもしますが、慣れてしまうとおかわりが欲しくなるほど。

 

魚介の味がしっかりしていて、比較的優しい味なので日本人の口にもよく合います。

朝昼晩ともに食べられている料理ですが、地元の人はチュチャキ(Chuchaqui=ケチュア語で二日酔い)に効くからと、朝〜昼に食べることが多いです。

沢山飲んだ次の日に食べるEncebolladoは最高!という声もちらほら。日本のお味噌汁やラーメンのような存在でしょうか。

 

お店によっては貝など魚介が沢山入ったものもありますが、シンプルなエンセボジャードだと約3ドルなのでとってもリーズナブルです。

 

旅の途中で脂っこいものに疲れたなあ、という時にはぜひ食べてみてください!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ガラパゴス諸島のカツオドリたち

  2. ガラパゴス諸島のユニークな生き物たち

  3. ガラパゴス諸島の旗と紋章

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP